FC2ブログ
aqua kitchen diary: 2008年02月14日

難しい。。。

今日水草が届くと思って昼からリセット開始したんですが。。。

届きませんでした。

途中でやめる訳にもいかず、できることはやっちゃいました。

まずは外部ろ過の掃除。
スポンジ

スポンジがだいぶヘタってたんでこんだけ追加です。

隔離

それから、水抜いて生体の避難。(飼育水取っておくの忘れた。。。10リットルしかないよ。)

水槽を風呂場で洗って

底床を入れて

あーでもない、こーでもないとレイアウトを色々試行錯誤。。。

流木を固定する方法を全く考えてなくて、チョット埋めれば立ってくれるだろうと思ってたんですが、

甘かった。。。

結束バンドで石に縛って、それを底砂に埋めて

高低差つけるために、園芸用の底床ネットを差し込んで。。。

などなど、無計画に弄って底砂をかき回しちゃったもんで
濁る


こんなに濁っちゃいました。。。。

駄目ですね思いつきでやっちゃ。勉強になりました。



底砂は水草1番サンドパウダータイプなんですが、

非常に扱いにくい。。。

チョット弄っただけで煙幕のように水が濁ってしまいます。

前回のろ過一番サンドは焼きセラミックだったんで全然濁らなかったんですが、

水草1番サンドはソイルに分類されるんですね。

粒が壊れやすいし、少し弄ったらすぐ濁る。

3,4時間たってもまだ濁ってます。

ソイルの難しさ、これまた勉強になりました。

とりあえず濁って何もできないんで、明日までこのまま放置です。

明日水草植えて、なんとか形になればいいんですがね。
スポンサーサイト




↓↓最近ガタ落ち。。。是非ご協力お願いします↓↓

↓↓どれでもポチっとしてくれたら嬉しいな↓↓
b_02.gif にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

水草メモ

届いた水草を自分用にメモ。

水草の名前って何でこんなに難しいんでしょう。。。


『グロッソスティグマ』

分布/オーストラリア
水質/弱酸性~中性、軟水~弱硬水
葉長/0.8㎝
CO2/必ず添加
照明/20w×2~4本

明るい照明の下、CO2と底床への肥料添加。


『ミニ・マッシュルーム』

分布/北米、南ブラジル
水質/弱酸性~弱アルカリ性、軟水~中硬水
葉長/1.5~2㎝
CO2/必ず添加
照明/20w×3~4本

背の低さ生かして前景に使用したり、
ハスのような可愛い丸い葉をワンポイントに使うなど、幅広い用途で楽しめます。
成長がゆっくりでサイズもそれ程大きくならない為、手間が掛かりません。


『ピグミーチェーン・サジタリア』

分布/北米
水質/弱酸性~弱アルカリ性、軟水~中硬水
葉長/5~10㎝
CO2/なるべく添加
照明/20w×2~4本

肥料や光量が不足すると葉の色が薄くなることがある。

『南米ウィローモス』

分布/アジア?
水質/弱酸性~弱アルカリ性、軟水~中硬水
葉長/不定
CO2/なるべく添加
照明/20w×2~3本

『ラージ・パールグラス』

分布/北米、ブラジル南部
水質/弱酸性~弱アルカリ性、軟水~弱硬水
葉長/0.5~1㎝
CO2/必ず添加
照明/20w×3~4本

CO2,底床肥料が効果的。明るい環境を好む。窒素分が多いと葉にコケがつきやすいので定期的な換水。レイアウトでは水槽のセンターかサイドに茂みを作るのに適す。

『パールグラス』

分布/北米南部
水質/弱酸性~弱アルカリ性、軟水~弱硬水
葉長/0.5~1㎝
CO2/必ず添加
照明/20w×3~4本

やや環境の変化に敏感だが、定期的な換水、CO2添加ですぐに新芽が芽吹く。
底床添加肥料は効果的。

『 ロタラ・ロトンディフォリア・グリーン』

分布/日本
水質/1~1.5㎝
葉長/弱酸性~弱アルカリ性、軟水~弱硬水
CO2/なるべく添加
照明/20w×2~4本

赤くならない。

『ミリオフィラム・マトグロッセンセ』

分布/中南米、アジア
水質/弱酸性~弱アルカリ性、軟水~弱硬水
葉長/3~3.5㎝
CO2/なるべく添加
照明/20w×3~4本

CO2添加量が多いと間延びする。

『ハイグロフィラ・ポリスペルマ』

分布/アジア
水質/弱酸性~弱アルカリ性、軟水~中硬水
葉長/5~7㎝
CO2/不要
照明/20w×2~4本

トリミングにて脇芽展開、差し戻しが可能で、飼育の容易な品種です。
水中内では、細長葉に変身し、水中内の富栄養分をしっかりと吸収してくれる為
セット初期や苔発生時などに大活躍です。

『ルドヴィジア・ブレビペス』

分布/北米
水質/・・・
葉長/
CO2/なるべく添加
照明/20w×2本

ルドウィジアの仲間
成長が遅めですが、丈夫でトリミングにて増やすことが出来る。
育成が楽なので特にビギナーにお奨めの水草です。
葉の先端に行くほど赤く染まり、細い葉がとても綺麗です。
少量のCO2があれば照明が暗めでもよく育つ。暗い環境だと色はくすんだ緑色だが、明るくなればなるほど先が赤く染まる。ルドウィジアの中では育成も簡単。

『ミクロソリウム プテロプス』

分布/
水質/
葉長/
CO2/あったほうがよい
照明/2灯以上(60cm標準水槽相当)

アクアリウムで使用されるシダの代表種で、ファームや産地により数タイプがあることが知られています。細長くウェーブの少ないすらっとした容姿がトロピカ社のミクロソリウム プテロプスの特徴です。CO2無添加、大磯でも問題なく育ち、強い光も必要としません。石や流木に活着する性質があり、成長速度もゆっくりなので扱いやすい種類です。


参照・・・アクアリウムで楽しむ水草図鑑、チャーム。

↓↓最近ガタ落ち。。。是非ご協力お願いします↓↓

↓↓どれでもポチっとしてくれたら嬉しいな↓↓
b_02.gif にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】